住宅の間取りを作ってみよう!! e-houseの「間取り」 全国工務店ブログ広場←こちらに登録しています

ブログ移転しました!

中井工務店 ドタバタ 建築事務員日記 はホームページのリニューアルに伴い、
中井工務店公式ホームページ内に移転しました!

↓↓↓ 新しいブログはこちら ↓↓↓

女子事務員 奮闘ブログ

※ 5秒後に自動で転送されます。

 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地盤改良。
2011年06月08日 (水) | 編集 |
こんにちわ(^O^)

ずい分ブログをサボってしまいました…。それにもめげず訪問下さった皆さんありがとうございます!また今後ともたまにのぞいてくださいませm(__)m

さて、最近大震災での液状化現象の影響で図書館で『古地図』を閲覧したり、国土地理院のホームページなどで自分の家の建っている土地を調べる人が急増しているそうです。

千葉県の浦安市に多くみられた液状化現象。埋立地が多いこの市に液状化や地盤沈下の被害が多くあったことで、この市以外の人も自分の建っている家の昔はどのような土地だったかを調べて対処したり、新しく購入する土地が地盤が大丈夫か調べているということだそうです。

テレビでは『昔は水田だった=怖い土地』みたいな感じで放送していましたが、過去に水田だった土地を造成して宅地にしているところは沢山あります。私の家が建っていた所も過去は水田でしたし。その土地にはその土地に合った改良方法があります。

当社では建てる前に土地の調査をし、地盤が弱ければ地盤改良をして強くしています。

現在施工中の篠山市の美容室『ウィステリア』さんも地盤改良を行いました。

wisateria2.jpg

wisateria1.jpg

丹波市石生で施工中のI様邸も地盤改良を行いました。ここの地盤は4mから5mの深さまで粘土質の
土壌のため地耐力が無いため地盤の補強が必要です。

柱状改良という工法で基礎下の補強を行ないます。ベーステックという専門業者さんでやっています。


石生 地盤改良1

石生 地盤改良2

石生 地盤改良3

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2011/06/09(Thu) 17:16:10 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。