住宅の間取りを作ってみよう!! e-houseの「間取り」 全国工務店ブログ広場←こちらに登録しています

ブログ移転しました!

中井工務店 ドタバタ 建築事務員日記 はホームページのリニューアルに伴い、
中井工務店公式ホームページ内に移転しました!

↓↓↓ 新しいブログはこちら ↓↓↓

女子事務員 奮闘ブログ

※ 5秒後に自動で転送されます。

 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 待機電力がゼロに!?
2008年05月10日 (土) | 編集 |
 こんにちわ~(^^)

 ゴールデンウィークには半袖で外をウロウロしてたのに昨日から寒さ逆戻りです(**)ここ数年、異常に冬は寒かったり夏は暑かったり、エアコンやヒーター・扇風機などの家電はもはや欠かせませんね。

 家電製品の待機電力‥つまり使用していないけれどコンセントプラグをコンセントにさしたままの状態の時の電力消費は全体の5%くらいにあたるそうです。何でも値上げのこのご時世にこの5%が節約できれば少しは楽になるかも知れないですよね☆それが実現しそうな記事が日経新聞に載っていました(私は日経新聞はとってないですけどね 笑)

 LSI(大規模集積回路)や半導体の開発で有名なロームという会社が新しい機能をもったLSIの開発に成功したというものです。‥‥って私は電子技術や性能を詳しく理解していないし専門的な用語もよくわからないのでこのニュースをひらた~く言いますね(^^;)

 要するに現在、待機電力を多く使用していると思われる『テレビ』『パソコン』『ビデオ』『DVDプレイヤー』『コンポ』などなどはなぜコンセントを抜かないかというと『データが消失してしまうとダメだから』という事が大きい理由なのです。そこでロームはコンセントプラグを抜いてもデータが消失しない(データを記憶することが出来る)LSIを研究し、先日その開発に成功したということらしいです。このLSIを今までデータ消失を恐れて待機電力を必要としていた家電製品に使用すれば待機電力は大幅カット!!という事になるというニュースです(^^)

 新しく開発されたその技術を使った家電製品がいつごろ発売されるか、今までの家電より少し値が上がるのか!?など普及にはまだ時間がかかるでしょうけれど、色んな事を研究して技術を開発する日本の企業素晴らしいですね♪このLSIを使用すれば今までいくらか時間のかかっていたパソコンの起動もテレビのスイッチ感覚で立ち上がるそうですよ。

 でもこれプラグを抜くという作業はもちろんいるんですよね!?現在のこういった機器ってコンセント類は背面に隠して設置されていたりすることが多いこともあり、こまめにプラグを抜くという生活習慣から変えていかないといけませんね。結局生活習慣、基本概念を変えること‥それが一番節約・エコに繋がっているのかもしれませんね(^^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そんなものが開発されたんだ!!素晴らしい☆
我が家も待機電力しっかり使ってます(;´▽`A``
節約しないと思いながら…なかなかマメでないと節約も難しいものですね!
けど、まずは主婦である私たちが意識しないとダメだね(≧∀≦)
頑張ります!!
2008/05/14(Wed) 22:51 | URL  | ありん #-[ 編集]
夜寝る前に電気消したときテレビ周辺なんかは電源ボタン光ったりしてるものね‥あれが待機電力なのよね。電化製品も省エネや節水仕様のものにどれも変わってきてますが冷蔵庫や洗濯機安いものではないので初期投資に悩みます(^^;)買い換えるときはよく考えよ~っと♪
2008/05/15(Thu) 10:26 | URL  | 管理人☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。